あらいぐまのかず

【キュンキュンゾーン】アライグマ料金
60分・・・20000円
80分・・・25000円
100分 ・・30000円
120分 ・・35000円
延長30分・10000円
その他ロングコースはお問い合わせ下さい!!

詳細はお問い合わせください。
飼育員が丁寧にご案内いたします。
※当日の動物の気分や体調により、料金は変動することがございます。

 

頭胴長(体長)
41.5 – 60センチメートル[。尾長20 – 40.5センチメートル[。体重2 – 22キログラム。
飼育下では体重が20 kgに達するものもいる[7]。

灰褐色の体毛をもち、眼のまわりから頬にかけて黒い斑紋がある。タヌキと誤認されることが多いが、
タヌキとの違いとして長いふさふさとした尾には黒い横縞があるのが大きな特徴である。また、足が黒いタヌキやニホンアナグマと比べて
アライグマの足は白っぽく、耳には白い縁取りがある。さらに、クマなどと同じく、かかとをつける蹠行性(しょこうせい)という歩き方をするため
足跡は人の子供の手のような長い5本の指がくっきりとつく。この特徴は、本種と他の哺乳類とを識別する重要なポイントとなる。

乳頭数は、胸部・腹部・鼠蹊部にそれぞれ1対、計6つとなり、まれに8つの乳頭をもつ個体が確認される。

自分で巣を掘ることはなく、他の動物が地中に掘った巣穴、木の洞、時には農家の納屋や物置などで休む。
四肢に水掻きはないが泳ぐことが可能で、後ろ足で立つこともでき、木登りもうまく、立体的な行動をみせる。

行動圏は基本的に直径1-3キロメートルの範囲で、都市近郊に暮らす個体群は狭くなり、低い個体数密度では逆に拡大するといったように
環境条件によって変化する。オスの行動圏のほうが広く排他的で、その中に複数のメスの行動圏が共有している。

寒い地方に棲む個体は気温がマイナス4度以下になると冬ごもり(半冬眠)を行う。
これは真の冬眠とは異なるが、活動は大きく減退する。

あらいぐまのかな

【キュンキュンゾーン】アライグマ料金
60分・・・20000円
80分・・・25000円
100分 ・・30000円
120分 ・・35000円
延長30分・10000円
その他ロングコースはお問い合わせ下さい!!

詳細はお問い合わせください。
飼育員が丁寧にご案内いたします。
※当日の動物の気分や体調により、料金は変動することがございます。

頭胴長(体長)
41.5 – 60センチメートル[。尾長20 – 40.5センチメートル[。体重2 – 22キログラム。
飼育下では体重が20 kgに達するものもいる[7]。

灰褐色の体毛をもち、眼のまわりから頬にかけて黒い斑紋がある。タヌキと誤認されることが多いが、
タヌキとの違いとして長いふさふさとした尾には黒い横縞があるのが大きな特徴である。また、足が黒いタヌキやニホンアナグマと比べて
アライグマの足は白っぽく、耳には白い縁取りがある。さらに、クマなどと同じく、かかとをつける蹠行性(しょこうせい)という歩き方をするため
足跡は人の子供の手のような長い5本の指がくっきりとつく。この特徴は、本種と他の哺乳類とを識別する重要なポイントとなる。

乳頭数は、胸部・腹部・鼠蹊部にそれぞれ1対、計6つとなり、まれに8つの乳頭をもつ個体が確認される。

自分で巣を掘ることはなく、他の動物が地中に掘った巣穴、木の洞、時には農家の納屋や物置などで休む。
四肢に水掻きはないが泳ぐことが可能で、後ろ足で立つこともでき、木登りもうまく、立体的な行動をみせる。

行動圏は基本的に直径1-3キロメートルの範囲で、都市近郊に暮らす個体群は狭くなり、低い個体数密度では逆に拡大するといったように
環境条件によって変化する。オスの行動圏のほうが広く排他的で、その中に複数のメスの行動圏が共有している。

寒い地方に棲む個体は気温がマイナス4度以下になると冬ごもり(半冬眠)を行う。
これは真の冬眠とは異なるが、活動は大きく減退する。

うさぎのかえで

【キュンキュンゾーン】ウサギ料金
60分・・・20000円
80分・・・25000円
100分 ・・30000円
120分 ・・35000円
延長30分・10000円
その他ロングコースはお問い合わせ下さい!!

詳細はお問い合わせください。
飼育員が丁寧にご案内いたします。
※当日の動物の気分や体調により、料金は変動することがございます。

全身が柔らかい体毛で覆われている小型獣である。
最大種はヤブノウサギで体長 5076 cm。毛色は品種改良もあって色も長さも多彩である。
多くの種の体毛の色彩は、背面は褐色・灰色・黒・白・茶色・赤茶色・ぶち模様などで、
腹面は淡褐色や白である。

他の獣と比しての特徴としては、耳介が大型なことが挙げられる。
兎形目内では耳介があまり発達していない種でも、他の哺乳綱の分類群との比較においては
耳介比率が大きいといえる。音や風のするほうへ耳の正面が向くよう、耳介を動かすことができる。

眼は頭部の上部側面にあり広い視野を確保することができ、
夜間や薄明薄暮時の活動に適している。鼻には縦に割れ目があり、上部の皮膚を可動させることで
鼻孔を開閉することができる。門歯は発達し、一生伸びつづける。

かつてはこの門歯の特徴をもってネズミと同じ齧歯目の中に位置づけられていた。
しかし、上顎の門歯の裏側に楔形の門歯があるものをウサギ目として
独立した目分類がなされるようになった

かつてネズミの仲間と分類されていたように、肉食であるネコやイヌとは異なる点が多く
多くの種のウサギの足の裏には肉球はなく、厚く柔らかい体毛が生えている。

前肢よりも後肢が長く、跳躍走に適している。
前肢の指は5本、後肢の趾は4本で、指趾には爪が発達する。体全体は丸みを帯び、尻尾は短い。

ストレスには非常に弱く、絶えず周囲を警戒している。

※各個体によりできるオプションに制限があります。
※ウィ〇ペディア参照(うさぎの特徴について)

かばのわき

【デンジャーゾーン】カバ料金
60分・・・12000円
80分・・・16000円
100分 ・・20000円
120分 ・・25000円
延長30分・ 8000円
その他ロングコースはお問い合わせ下さい!!

詳細はお問い合わせください。
飼育員が丁寧にご案内いたします。
※当日の動物の気分や体調により、料金は変動することがございます。

10 – 20頭のメスと幼獣からなる群れを形成して生活するが、乾季には100 – 150頭の群れを形成することもある。
オスは単独で生活するか、優位のオスは群れの周囲に縄張りを形成する。

口を大きく開ける・糞をまき散らす・後肢で蹴りあげる・鼻から水を出す・唸り声をあげるなどして威嚇し縄張りを主張するが
オス同士で犬歯で噛みつくなど激しく争うこともあり命を落とすこともある。

縄張りは頭や体を低くする服従姿勢をとれば他のオスも侵入することはできるが、他のオスが縄張り内で交尾することは許容しない。
8年以上同じ縄張りを防衛することもあり、このうちの1頭が12年縄張りを防衛した例もある。
昼間は水中で生活し、夜間は陸上に上がり採食を行う。

陸上での行動範囲は水場から3キロメートルだが、水場から最大で10キロメートル離れた場所で採食を行うこともある。
比重が水よりわずかに大きく体が水に沈むため水底を歩くことができ、また呼吸の際に肺を大きく膨らませることで浮かぶこともできる。
水中では泳がずに、後肢を後方へ伸ばし前肢だけで水底を移動する。
素早く水中を移動するときは後肢を用いることもある。
陸上では時速40km以上で走る能力を持つが、持久力に乏しく、長距離走は苦手[要出典]。

飼育下では体重4000キロのゾウ類は1日あたり約200キログラムの食物を食べるが、体重1500キロの本種は約50キログラムの食物を食べるとされる。
これは昼間に温度変化の少ない水中でほとんど動かずに、エネルギー消費を抑えているためと考えられている。

発情期間は2 – 3日。飼育下では交尾時間は12 – 17分の例がある。オスは生後5歳、メスは生後4歳程度で性成熟する。平均寿命は約30年。
繁殖力が高い反面、同じ一族の子孫による近親交配も多。

※各個体によりできるオプションに制限があります。
※ウィ〇ペディア参照(カバの特徴について)

しかのゆづき

【ワクワク・ドキドキゾーン】シカ料金
60分・・・16000円
80分・・・20000円
100分 ・・25000円
120分 ・・30000円
延長30分・ 8000円
その他ロングコースはお問い合わせ下さい!!

詳細はお問い合わせください。
飼育員が丁寧にご案内いたします。
※当日の動物の気分や体調により、料金は変動することがございます。

草食性で、ウシのように4つに分かれた胃を持ち、反芻による消化を行う。

オスは枝分かれしたツノを持ち、枝角(アントラー)と呼ばれる。多くのシカ科のメスはツノを持たないがトナカイはオスメス共にツノを持つ。
ウシ科の動物のツノ(洞角)は骨の芯を角質が覆っており生え替わらずに一生伸び続けるが、シカのツノ(枝角)は骨組織からなり、毎年生え替わる。

春季の生えたばかりの角は柔らかく表皮に覆われているが、秋季の骨化した角は固く、表皮は脱落する。
体の大きさは体重6-8kg程度のプーズー (チリに生息) から、体重800kgにも及ぶヘラジカ (ムース) まで様々である。

シカの蹄には、ヤマビルが穴をあけて寄生すること(有穴腫瘤)が知られており、ヤマビルの生息域の拡大にシカが関与していることが疑われている。

世界各地の山野に数多く生息していたシカ科の動物はほとんどの民族の文化に対して古くから重要な影響を与えていたと思われる。
後世の文化においては、シカは「俊敏」「非力」などの象徴として、また時には峻険な山岳地の象徴として用いられることがある。

ギリシア神話では、月の女神アルテミスの水浴を見たアクタイオーンが鹿に姿を変えられている。
道教の伝承に登場する仙人がしばしば乗騎とするのが白鹿である。太上老君は青牛を乗騎とするが、白鹿を乗騎としたという伝承もある。
トナカイは古来ソリを引く使役や荷役にも利用され、クリスマスにサンタクロースのソリを引く『赤鼻のトナカイ』の伝説にもなった。
鹿島神宮・春日大社などで神使とされる。古事記において、オオクニヌシに国譲りをさせる際、アマテラスは使者としてアメノオハバリを選び、
その伝令にアメノカク(天迦久)を派遣したとあり、このアメノカクが鹿の神とされる(「迦久」は鹿児を意味する)。
アメノオハバリは自分の代わりに息子のタケミカヅチをオオクニヌシのもとに差し向け国譲りを承諾させるが、このタケミカヅチが鹿島神宮の祭神であり、
その後平城京鎮護のために春日大社にも分霊された。

ぶたのあめ

【ワクワク・ドキドキゾーン】ブタ料金
60分・・・16000円
80分・・・20000円
100分 ・・25000円
120分 ・・30000円
延長30分・ 8000円
その他ロングコースはお問い合わせ下さい!!

詳細はお問い合わせください。
飼育員が丁寧にご案内いたします。
※当日の動物の気分や体調により、料金は変動することがございます。

野生のイノシシと同様、土中の虫や植物の根・球根を掘り返して食べるため、他の家畜と違って硬い鼻先と強大な背筋を備えている。
木製の柵では横木を鼻先で押し上げて壊してしまう。
オスの牙も強い背筋を生かせるよう上向きに生えており、人間のような丈の高い動物を敵と認識すると、突進して鼻先を股ぐらに突っ込み、頭部を持ち上げながら強くひねる。

野生時代の名残ともいえるこの行動を「しゃくり」といい、まともにしゃくり上げられると大人でも数メートル飛ばされたり、
牙で深く傷つけられたりする。太ももの内側を走る大腿動脈が傷つけられると、失血死するほどの大量出血を招くこともあり、日本で小規模養豚が多かった時代には、
年に数人は、しゃくり上げによる死者が出ていた。

ヘビ毒の影響を受けないようニコチン性アセチルコリン受容体を突然変異させた知られうる4種の哺乳類の内の一つ。

野生ブタの体脂肪率は13パーセントほど。ガツガツと食事を取る人物を指して「ブタのように食べる」、散らかっていて汚い部屋を「豚小屋」などと
形容することがあるが、ブタの生命力が強いため荒れた飼育環境でも飼育できることからなどによる。

ブタは知能が高く、清潔を好む生物であり、排泄をする場所は餌場や寝床から離れた決まった一ヶ所に決める習性がある。
類人猿、イルカ、ゾウ、カササギ、ヨウムに加えてブタも鏡の存在を認知できる「鏡映認知」が確認された数少ない動物である。

ペットとして飼われていたブタが、心臓発作を起こした飼い主のために、道路に出て横たわり助けを求めた事例がある。

らいおんのねむ

【デンジャーゾーン】ライオン料金
60分・・・12000円
80分・・・16000円
100分 ・・20000円
120分 ・・25000円
延長30分・ 8000円
その他ロングコースはお問い合わせ下さい!!

詳細はお問い合わせください。
飼育員が丁寧にご案内いたします。
※当日の動物の気分や体調により、料金は変動することがございます。

別名はシシ(獅子)。オスは体重は250kgを超えることもあり、ネコ科ではトラに次いで2番目に大きな種である。
現在の主な生息地はアフリカ大陸のサブサハラであり、インドのジル国立公園のインドライオンは絶滅が危惧されている。
北アフリカや西南アジアでは有史時代に姿を消している。更新世末期、約1万年前までライオンはヒトに次いで広く分布する大型陸上哺乳類だった。

飼育個体は20年以上生きることもあるが、野生のライオンの寿命はより短く、特にオスが10年以上生きることは稀である。
縄張りをめぐって他のオスと常に争うために傷を負い、それが寿命を大きく縮める原因となる。典型的な生息地はサバンナや草原であるが、
茂みや森などに棲む場合もある。ライオンは他のネコ科の動物にはあまり見られない社会性を持っている。
メスと子ライオン、そして少数の成熟したオスがプライド(群れ)を形成する。狩りの特徴はメスの集団が連係することであり、おもに大型の有蹄類を襲う。

ライオンは捕食者の頂点でありまた象徴的な存在であるが、屍肉も漁ることもある。
賢く性質が他のネコ科よりも比較的穏和なため、ライオンがヒトを襲うことはほとんどないが、ライオンによる犠牲者がいることは知られている。

世界的に「百獣の王」として有名であり、一般的に最も強い動物であると思われている。
オスの外見はたてがみが非常に特徴的であり、容易に認識できる。オスの容貌はあらゆる文化のなかで動物そのもののシンボルとして
最も広まっているものの一つであり、実際に全ての動物の中で国獣として選ばれる数はライオンが最も多い。
ライオンは後期旧石器時代から描かれており、古くはラスコー洞窟やショーヴェ洞窟の洞窟画などがある。

彫刻や絵画、国旗をはじめ、現代の映画や文学などでも広く扱われている。

りすのえま

【キュンキュンゾーン】リス料金
60分・・・20000円
80分・・・25000円
100分 ・・30000円
120分 ・・35000円
延長30分・10000円
その他ロングコースはお問い合わせ下さい!!

詳細はお問い合わせください。
飼育員が丁寧にご案内いたします。
※当日の動物の気分や体調により、料金は変動することがございます。

リスは一般に小型の動物だが、体長7 – 10センチ、大きさは多彩である。

樹上性リスは、毛のふさふさした大きな尾を持つ。地上性のリス(ジリス)は、樹上性リスに比べて尾は毛量が少なく、短いものが多い。
多くのリスは、体毛がやわらかく絹のように滑らかだが、中には厚い毛皮を持つものもある。

体毛の色は種によって(しばしば同種内ですら)非常に変化に富む東南アジアに生息するフィンレイソンリスは
いくつもの毛色の違うものが野生下で存在しており、花の蜜を食べるために長く伸びる舌をしている。

前脚は後脚よりも短く、足指は4または5本。しばしば前足の親指はあまり発達しておらず、足の裏にはやわらかい肉球がある
手先は器用で、腰をおろして座り、前足で食物を保持しながら食べることができる。

大きな目をもち、視覚は優れている。多くは顔のひげや脚の触毛で、狭い場所を通る際に幅を認識する[7]など、優れた体性感覚を持つ[4]。

歯は、典型的なネズミ目(齧歯目)の型をしている。
一対の門歯は、絶えず伸び続ける。こすり合わせることですり減らし、正常な長さを維持する
犬歯を持たないため、門歯の後ろは歯隙(しげき、歯のない部分)となっている。

シマリス属やジリスには、頬の内側に「頬袋」と呼ばれる袋状の構造がある。頬袋には柔軟性があり、たくさんの食物を頬張って運ぶことができる。

モモンガやムササビは、木から木へと滑空して移動する際にパラシュートの様な働きをする飛膜を持つ

※各個体によりできるオプションに制限があります。
※ウィ〇ペディア参照(りすについて)

開園です!

店名通りのクオリティ、まさに、動・物・園!!

小動物~巨大動物まで♪

なんでも揃います♪揃っています♪♪

それが「デリヘル動物園」
これそこが、「デリヘル動物園」!!

入園料はご利用しやすい料金で船橋エリアで安くしております~

動物園は現在プレ開園中!
6月10日に正式オープン!!
でも、動物は順次輸入しております。
今、電話を頂ければ、激安金額でご案内します!

<20代の女の子なのに>
■60分 9000円!!
■80分12000円!!